40代の仕事探しに大切な転職活動術

*

40代の仕事探しを成功させるための判断力とは

リクナビNEXT
nextsam
詳細
★★★★★
仕事探しといえばここ!検討中リストなど便利なサービスが多数あります。
利用者の声
良かった
コンテンツが充実しすぎていて最初は少し戸惑いましたが、その中から必要なものをピックアップしてくことができれば、リクナビNEXTほど転職を前に進めてくれるサイトはないのではと感じます。私にとって必要なコンテンツは、求人の検索、転職Q&A、転職活動の流れ、などでした。
良かった
40代は転職するにはギリギリの年代だと思っていましたが、意外と余裕で転職することができました。他のサイトでここまで上手くいくかは疑問。リクナビNEXTの求人数の多さと、とりわけここだけの求人が多かった点がとても重要。仕事探しに必要な要素が多く備わっていると思います。
良かった
求人の検索方法がいろいろあるんです。私がよく使っていたのは、「できることから探す」という検索方法。とても面白い。自分にピッタリの求人を見つける最短手段、それがこの検索方法です。私が使った他の転職サイトでは見られなかったサービスでしたね。
普通
あくまでも私にとってはですが、情報量が多過ぎることがマイナスとなっている気がします。絞り込みが困難、頭が飽和状態、それらを解決してくれるサービスはない。これがリクナビNEXTというサイト。使う価値がないとまでは言えませんが、仕事探しのネックとなっていることは否めません。
普通
40代でも応募することができる求人は多々見つかりました。これはとても嬉しいこと。でも、リクナビNEXTは人気のサイトのようで、応募者が多いこともあってか、採用にまでは簡単に辿り着けません。必然的に競争率が高くなってしまうようです。中途半端なキャリアでは転職は難しいようですね。


1.40代の仕事探し

 40代で仕事探しを行う場合には、自分の中でどうしても譲れない条件だけを残して、企業を選択していく必要があります。また、自分一人ではなく家族に対する責任もでてくるため、長期的なビジョンで探すことが大切です。

 そこでまずは、求人情報を探す場合には、給与面や役職といった条件面だけではなく、これからの成長性や安定性、収益性、生産性というようなことも確認しておく必要があります。

 それは、IT化により時代のニーズが多様化していくことも早くなり、企業の寿命も短くなっているからです。そこでせっかく就職しても、10年後には、企業のビジネスモデルが成り立たないのでは、仕事を探した意味がなくなってしまいます。

2.企業を見極めるために

 40代の仕事探しでは、年齢的にも失敗は許されませんので慎重に見極める必要があります。そこで、転職する前にはしっかりと企業を見極めることが重要です。たとえば、企業の業態だけではなくビジネスモデルの多様性や、営業利益がわかるBL、BS、CFというような公開されている書類から経営状態を確認しておく必要があります。

 また、企業の運転資金は銀行からの借り入れが一般的ですから、売り上げの伸びなでも判断材料となります。さらに、経営陣の経歴や理念やビジョンについても確認しておかないと、経営陣の経営に対する姿勢によっては、事業の継続が難しくなる可能性もあります。

3.企業選択を失敗しないために

 転職する前に、しっかりと企業の財務の健全性やビジネスモデル、成長性などを多角的な視点で企業研究をしておくことで、企業への理解度が深まります。これにより、自分の経験やスキル、将来的なビジョンを企業ニーズに沿うようにアピールできるチャンスへとつなげることもできます。

失敗しない企業選択のためには

・企業の平均年齢や勤続年数、離職率を確認すること
・現在の企業規模や知名度ではなく社長の理念や組織体制をチェックする
・10年スパンで企業のビジネスモデルを確認して将来性を見越す

4.まとめ 

 40代からの仕事探しは、自分一人の問題ではなく、家族のライフプランにまで影響を与える重要な決断となります。そのため、長期的なビジョンで探す必要が出てくるのです。そこで、自分の経験やスキルを市場で高く評価されるようにアピールするだけではなく、企業に対してもシビアな視点で判断していくことが大切です。

公開日:
最終更新日:2014/11/27